BMIと標準体重について

肥満度を知りましょう

ダイエットをする前に、まず自身の標準体重や体脂肪率などを知っておくことが大切です。

肥満度を知る目安となるのが、身長と体重から算出する「BMI係数」です。
「BMI」とは、「Body Mass Index(ボディ・マス・インデックス)」の略で国際的に通用する数値です。

この数値が高ければ高いほど、生活習慣病にかかりやすいと言われているので、定期的に自分のBMIをチェックしましょう。

BMIの計算式は、「体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」で表され、例えば体重が55kgで、身長が160cmの人の場合は、「55kg÷1.6m÷1.6m=21.5」となります。

BMIによる肥満度の判断は、以下のようになっています。

「~18.5=痩せている」
「18.5~25=適正」
「25~30=肥満レベル1」
「30~35=肥満レベル2」
「35~40=肥満レベル3」
「40~=肥満レベル4」

BMI=22が理想です

男女共に、「22」が統計的に最も病気になりにくいBMI数値だといわれているので、22という数値を使って標準体重を逆算することができます。

標準体重とは、統計的に肥満でも痩せすぎでもなく、最も健康的に生活ができると認められた理想的な体重のことです。

標準体重は、「22×身長(m)×身長(m)」で計算し、例えば身長が160cmの場合は、「22×1.6m×1.6m=56.3kg」となります。

もちろん、これらの数値は骨格や筋肉量によって個人差が出てきますから、あくまでも目安として活用するようにしましょう。

自分の肥満度が気になる方は、自分のBMI係数と標準体重を算出し、どの肥満度レベルにあるのかチェックしてみましょう。

次ページ: 体脂肪率について

Copyright © Since 2008  置き換えダイエット比較ナビ  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。