置き換え用食品の種類

自分に合ったものを選びましょう

ヨーグルトで置き換えダイエット1日3食のうち1食をローカロリー食に置き換える「置き換えダイエット」では、「その1食をどんな食品に置き換えるのか」が重要ポイントになります。

置き換えダイエット用食品には多くの種類がありますので、自分の好みや生活スタイルに合ったものを選ぶために、まずそれぞれの特徴を知っておきましょう。

1 食事メニューの種類が豊富なタイプ

ダイエット食品として代表的なシェイクやクッキー、ゼリー、スープだけでなく、低カロリーにアレンジされたハンバーグやラーメン、パスタなどの定番メニューがあり、ダイエット中でも通常の食事を楽しめるような工夫がなされています。

ダイエット中でも食事に満足感を求めている人、シェイクやクッキー類だけではお腹がすくのではないかと心配な人、味や栄養バランスが気になる人、同じ食事では飽きてしまう人にオススメです。

代表例:マイクロダイエットローカロ生活

2 ドリンクタイプ

低カロリーで栄養バランスも考慮されたシェイクやスープ、ミール、味噌汁などのドリンクタイプに特化したダイエット食品です。

しかし一口にスープといっても、「コーン」「カレー」「パンプキン」など味の種類が豊富で、飽きがこないように工夫がされており、経済的負担も比較的少なくてすむというのが魅力です。

忙しくて食事の時間が少ない人、手軽にダイエットしたい人、お金をかけたくない人にオススメです。

代表例:マイクロダイエットプチシェイク

3 クッキータイプ

数種類のビタミンやミネラル、たんぱく質、食物繊維が豊富で、低カロリーなクッキータイプは、会社や外出先などどこにでも持ち歩くことができ、おやつ感覚で食べることができます。

小麦ふすまやおからなどの食物繊維が豊富で、便秘や肌荒れの解消にも役立つなどのメリットもあり、歯ごたえのある食事がしたい人、間食を我慢するのがつらい人にオススメです。

4 ゼリータイプ

寒天やゼラチンなどのカロリーゼロ素材を使ったゼリータイプは、オレンジ、ブドウなどのフルーツ味が数種類あり、毎日食べても飽きない工夫がなされています。

ドリンクタイプよりは噛み応えがあり、おやつ感覚で食べられるので、女性に人気で、食事の時間がない人、間食を我慢するのがつらい人にオススメです。


このように、置き換え用ダイエット食品にはさまざまな種類があり、味のアレンジもされています。

たくさん選択肢があることが分かると、置き換えダイエットがますます魅力的に見えてきますね。

次ページ: ダイエット食品を使わない方法

Copyright © Since 2008  置き換えダイエット比較ナビ  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。