本当に痩せる必要があるの?

健康な体のためにダイエットをしましょう

本当にダイエットが必要?ダイエットを始める前に、もう一度改めて確認して欲しいことがあります。

それは、「自分は本当に今以上に痩せる必要があるのか?」ということ。

特に女性の場合は、モデルや芸能人を基準にして「自分は太っている」「もっと痩せなくてはいけない」と思い込んでいたり、体脂肪率を計ってみたら実は痩せすぎだった、という場合もあります。

必要のないダイエットは健康に悪影響を及ぼしますし、過剰なダイエットをしたためにホルモンのバランスが崩れたり、体力が低下して日常生活に支障をきたすなど逆効果になってしまうケースが多いですので、「ダイエットは健康な体を取り戻すために行う」という意識を持って取り組むといいでしょう。

まずは、体重を減らした方がよいのかどうかを客観的に判断するためにも、自分の肥満度・やせ度をチェックしましょう。

肥満度・やせ度の算出方法は、年齢によって違い、例えば6~14歳の場合は、
「肥満度(%)={実測体重(kg)-標準体重(kg)}÷標準体重(kg)×100」で算出します。

15歳以上の場合は、成人と同じようにBMIを参考にしますので、「BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m)」で算出します。

BMIの数値が大きければ大きいほど、肥満度は高くなりますが、スポーツ選手や日常的に体を動かしている人は、筋肉や骨の割合が多くて脂肪が少ないので、BMIの数値が大きくなってしまう傾向があります。

このように、肥満度・やせ度を算出する数値にも個人差がありますので、あくまでも目安として活用してください。

そして算出した数値をみて、もう一度「本当にダイエットをする必要があるのか」を考えてみましょう。

次ページ: 無理は禁物

Copyright © Since 2008  置き換えダイエット比較ナビ  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。