その他の置き換え方法

「低カロリー」「満腹感」がコツ

3.寒天・こんにゃくダイエット

寒天もこんにゃくも、低カロリーで食物繊維が豊富で、コレステロールや血糖値を低下させる効果があるといわれているので、ダイエット中でなくても積極的に摂りたい食材です。

主食であるご飯を、寒天やこんにゃくを工夫して使った料理を置き換えることで、ダイエット中でも満腹感を維持することができ、便通を整えて体内をすっきりさせることができます。

例えば、こんにゃくのおでんやところてん、こんにゃくの刺身をはじめ、こんにゃくラーメン、こんにゃくや寒天で作ったゼリーなど市販されているものをうまく利用してもよいでしょう。

4.おかゆダイエット

少量でも満腹感のあるおかゆを主食に置きかえることにより、摂取カロリーを減らすダイエット法で、満腹感を得るためには、よく噛んで食べるのがコツです。

また、おかゆは白米と基本的に同じなので、ご飯を減らすのがつらい人にオススメで、梅干やゴマ、ふりかけ、タマゴを加えるなどごはんと同じように、多くのアレンジができます。

小豆粥や雑炊にしてみたり、温野菜と一緒に食べると栄養バランスもよくなりますし、おかゆをたくさん作って冷凍ストックしておくと、朝でも手間がかからず、とても便利です。

5.フルーツダイエット

朝食や週末の食事をフルーツだけにすることで、便秘を解消し摂取カロリーを抑えるというダイエット法です。

朝食をフルーツにする場合は、老廃物を効率よく体外に排出させるために、飲み物を水だけにしましょう。

フルーツは基本的に何でもよいですが、バナナ、りんご、キウイが特にオススメで、 歯ごたえのあるものがよい時には、パイナップルがよいです。

6.わかめダイエット

ローカロリーのわかめを使い、摂取カロリーを抑える食事方法で、わかめを単独に摂るよりも、スープや味噌汁にたくさん入れて飲むと、満腹感が得られます。

Copyright © Since 2008  置き換えダイエット比較ナビ  All Rights Reserved.
掲載記事、写真、イラストなど、全てのコンテンツの無断複写、転載、公衆送信などを禁じます。